2017年06月20日

連系2

5/9にはじまった連系に関して、詳しく報告します。この発酵槽システムは、システム全体が、明日の世界につながる仕組みです。もちろん、電力の連系という側面だけではないのですが、ここでは、トピックである連系面の情報だけにします。

学校給食の残渣からできたガスは、ガスバックにたまります。ガスバックの大きさは10㎥です。
gasbag.JPG

ガスはHONDAのガスコージェネで、熱と電気にかわります。発電容量は1KWです。メタンガス用に少し手が加えられています。今のところ、熱は利用されていませんが、間も無く、タンクも加わる予定です。

新コジェネ.JPG

電気は、メーターを通り、全部、電柱の電線へと流れていきます。全量売電です。6/19日時点での売電量は、43.7kwhです。パルシステム電力へ8.7円/kwhで売ります。今回は、残念ながら、FITの制度に乗せることができませんでした。それは、この発酵槽が、FITが始まる前のRPSで認定を取っていたからです。(そうです、僕らは、もう10年も前からこの日の来るのを夢に見てきたというわけですよ)。新たにこのシステムを導入するこれからのシステムは、ずっと高く売れるFITにできます。

電気回り 1.JPG

joint.JPG

5/9には、電力会社の方が検査に来ました。ふっと、25年前の太陽光発電の連系の時を思い出してしまいました。その時は、関東で初めての民間連系だったので、電力関係の車が、ずらりと並んでいました。随分と、進んだものです。

check.JPG

これからこの小型発酵槽による肥料利用とエネルギー製造は、間違いなく広がります。小さな循環の輪が、全世界にできていき、それらが互いにリンクされて行った時、私たちの暮らしは、確実に変わります。一部の権力者が偉い顔をする仕組みから、さよならすることができます。1日でも早く来て欲しいものです。
posted by NPOふうど at 10:29| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

連系開始しました。

2017年6月9日、12時15分、学校給食の残り物からできた電気が、ようやく電線を逆に登って、流れ出していきました。いわゆる連系が、始まりました。うーん、ここまでどのくらいの時間がかかっただろうか。感無量です。
売り先は、パルシステム電力です。8.7円/kwhですが、値段はともかく、1kwのコージェネで売電できたことは、画期的です。
currency.JPG

posted by NPOふうど at 14:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

市民が手にする地域分散型エネルギー 2016早春フォーラム

小川町でエネルギー自給を考えるNPO「ONEF」「NPOふうど」が共同でイベントを行います!!

【市民が手にする地域分散型エネルギー 2016早春フォーラム】

日時:2016年2月21日(日)
会場:小川町立図書館2F 視聴覚室(埼玉県比企郡小川町大字大塚99-1 〒355-0328 
 東武東上線 八高線「小川町駅」より徒歩11分)

参加費無料 ※午後の部のみ座談会形式のため定員を50名に限定させていただきます。

【午前の部】 10:00〜12:30
       バイオガス事業で町づくりをしている福岡県大木町の副町長、
境公雄さんの講演会。
       小川町のバイオガス事業についても面白いご報告ができそうです。

【午後の部】 座談会方式。

◎第一部 14:00〜15:00
   市民電力連絡会会長の竹村英明さんをゲストにお迎えして4月からの電力自由化について話し合います。
   TVでやらない電力自由化の裏側が聞けちゃうかもしれません!

◎第二部 15:30〜17:30
     鳥取県で市民電力の活動をされている「えねみら・とっとり」共同代表の手塚智子さんと、
     江戸川区で市民電力の活動をされている「足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ」
     事務局長の山崎求博さんをゲストに、小川町と周辺の比企地域の未来をどうしていくかについて話し     合います。
     手塚さんはドイツの事情に、山崎さんは日本各地の市民電力の活動に詳しい方なので、           ドイツと日本の市民の取り組みについての話が聞けちゃうかも!

     全日通しでも、気になるところだけのスポット参加でもかまいませんので、
     ふるってお申し込みください。

必要事項を記入するだけで参加申込みができるお申し込みフォームができましたので、ぜひご利用ください。


【お申し込みフォーム】
http://goo.gl/forms/LDlc5ZAl4K



posted by NPOふうど at 12:04| 埼玉 ☔| 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市民が手にする地域分散型エネルギー 2016早春フォーラム

2/21(日)小川町でエネルギー自給を考えるNPO「ONEF」「NPOふうど」が共同でイベントを行います!!

【市民が手にする地域分散型エネルギー 2016早春フォーラム】

日時:2016年2月21日(日)
会場:小川町立図書館2F 視聴覚室(埼玉県比企郡小川町大字大塚99-1 〒355-0328 
 東武東上線 八高線「小川町駅」より徒歩11分)

参加費無料 ※午後の部のみ座談会形式のため定員を50名に限定させていただきます。

【午前の部】 10:00〜12:30
       バイオガス事業で町づくりをしている福岡県大木町の副町長、境公雄さんの講演会。
       小川町のバイオガス事業についても面白いご報告ができそうです。

【午後の部】 座談会方式。

◎第一部 14:00〜15:00
   市民電力連絡会会長の竹村英明さんをゲストにお迎えして4月からの電力自由化について話し合います。
   TVでやらない電力自由化の裏側が聞けちゃうかもしれません!

◎第二部 15:30〜17:30
     鳥取県で市民電力の活動をされている「えねみら・とっとり」共同代表の手塚智子さんと、
     江戸川区で市民電力の活動をされている「足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ」
     事務局長の山崎求博さんをゲストに、小川町と周辺の比企地域の未来をどうしていくかについて話し     合います。
     手塚さんはドイツの事情に、山崎さんは日本各地の市民電力の活動に詳しい方なので、           ドイツと日本の市民の取り組みについての話が聞けちゃうかも!

     全日通しでも、気になるところだけのスポット参加でもかまいませんので、
     ふるってお申し込みください。

必要事項を記入するだけで参加申込みができるお申し込みフォームができましたので、ぜひご利用ください。

【お申し込みフォーム】
http://goo.gl/forms/LDlc5ZAl4K



posted by NPOふうど at 12:04| 埼玉 ☔| 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

どうやら,戻ったか。うぁお!

2014.12.7

メタン発酵槽第2発酵槽の環境、どうにか、元に戻ったようだ。pHが酸性に触れていたものが,中性となり,昨日,正常な液肥を1トン投入。本日,第2発酵槽のメタン濃度が、69.5%まで,跳ね上がった。ガスも,急速に出始めている。
 このまま続いてくれる事を祈る。
posted by NPOふうど at 16:58| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 生ごみ資源化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

NPOふうどのホームページは引っ越ししました。

2014年8月を持って次期へ、ホームページは引っ越ししました。

http://foodogawa.jimdo.com/

今後とも 宜しくお願い致します。
posted by NPOふうど at 10:54| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

発酵槽のご開帳

12月14日、年が押し詰まると、ふうど恒例のメンテナンス祭りが始まります。今年は、ガス配管の手直ノツモリ....でした。ところが、肝心のガスがでてこない! それで、床をはいで、下を見る事になりました。まずは、ステージの上をきれいにします。金属類等があると、発酵槽を破る事になるので、注意に注意を重ねます。
ステージ.jpg

床を剥ぎました。実に、7年ぶりかなあ。
ゴムバックの上に乗っても、形が崩れません。長年蓄積されて来たスカムがすっかりバック内で天井を作っていたのです。ガスの道を塞いでいたのです。
ご開帳.jpg

取るべき手段は一つ。
ウンショ、ウンショと、踏みつけにします。固まりをほぐしてやるのです。おじいちゃんの腰を踏んづけるように。
こりゃあ、又少し時間がかかるかなあ。年の暮れに健康体操をしたい方、ご集合下さい。有酸素+有メタンガス運動が出来ますよ。
踏みつけ.jpg
posted by NPOふうど at 21:30| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 生ごみ資源化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

2013 農業祭

久しぶりに農業祭行ってみました。
いつもの野菜交換会の様子、生ごみ提供者の方もすっかり慣れて野菜の袋をよいっしょ!!っと。
koukannkai

恒例、豚汁提供の有機農業推進協議会の方々、いっつもすぐ終了です。
あったかくてイベント日和でした。

tonziru01.jpg
posted by NPOふうど at 17:56| 埼玉 ☔| 農林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

8月事件それから

9/22日に,第2発酵槽に,正常な液肥を入れました。桑原氏の発酵槽から,約1トン。これをもう2回程繰り返して,再稼働(!)の準備が完了します。
第一発酵槽には、新しい生ごみは、投入していません。そのため、ガス質がぐっと良くなりました。この槽では,メタン菌が活発に動きはじめていると思われます。64.5%、この数値は,メタンの測定器が手元に届いてから初めて目にした,まともな数値となりました。嬉しいですね。

64.5.jpg

posted by NPOふうど at 22:28| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 生ごみ資源化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

8月事件

8月は、発酵槽に取ってとても大きな事件が起きました。その概略をお伝えします。
相変わらず、良い発酵状態にならないので、根本治療のため、第2発酵槽の液肥をいったん、抜き取って液肥溜(ホワイトハウスと呼んでいるところ)の空いている槽内に移動する作業を8/17日18日と、行ないました。第2発酵槽を腸内清掃して、第一発酵槽からの液を上手くメタン発酵出来る状態にするためです。
写真は、第2発酵槽の液を、移動しているところです。
腸内清掃.jpg

この作業自体は、比較的順調で、私も写真を撮る余裕が出て来ました。ところが......
地元のお百姓さんたちが、血相を変えてやって来ました。汚物を川に流しているだろうと....
私達は、初め、訳がわかりませんでした。
一緒に見回ってみると、な、なんと!!! ホワイトハウスから、茶色の液体が流れ出しているではありませんか!、管理口として用意した管の盖が、外れていたのです。全くの不注意でした。
1.8町歩の稔りかけた田んぼに、未完熟の液肥が流れ込んだのです。PHにすれば4と言うかなり強い酸の液体です。4トン程、流出したようです。悪臭もさることながら、稲の枯れ,倒れ,病気の発生が心配されます。

この一週間,農家の方々へのお詫び等,対応に追われ、昨日,24日のお昼過ぎ,関係する農家の方々にお集まり頂き,説明と,お詫びをしました。大切に育てているお米ですから,本当に不注意なこと、申し訳ない限りです。

色々と手をつくした現在の様子をお見せします。

これが問題の管理口で,今はコンクリートで塞いでしまいました。
排出口封鎖.jpg

発酵槽の上にあったガスバックは,ホワイトハウスに移しました。コージェネ用のガスは,第2発酵槽から直接及びホワイトハウス内のガスバックから供給されます。奥の方の透明なバックはそのバッファーの役を持たせといます。
改修後.jpg

発酵槽とホワイトハウスを結ぶ配管です。
配管.jpg

移転されたホワイトハウス内でのガスバックです。まだぺしゃんこです。

いやーー、本当に、事故は全く予期せぬところに潜んでいます。大切な発酵槽を運転中止にはさせたくないです。
まだ、どんな被害が発生するかは解りません。誠意を持って対応しようと,決めています。

posted by NPOふうど at 19:41| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 生ごみ資源化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする