2013年02月16日

胃酸過多治療

2/16 今日は、強い北風。晴れていても、凍えます。
発酵槽には、豚さんの姿は見えず、ちょっと寂しい。
でも、やることはたくさん。まずは、かねてから課題となっていた第2発酵槽の胃酸過多治療です。酸性がきつくなっていて、メタン君が働けない状態だったので、胆汁ならぬ消石灰を入れて中和します。作業になったら、写真が撮れないので、準備段階の写真を、一枚。
胃酸過多治療.jpg

2本の角は、液肥をまわす時に、槽から溢れ出さないためのもの。そして、尻から出した液肥を戻す口ともなるものです。
 一人は尻に、一人は口に張り付きます。作業時間は、2時間半。建物とはいえ、風通しの良いNPO作り。久しぶりに冬さんと、しみじみ語り合いました。一つだけ救いだったのは、液肥が25度くらいなので、それを循環させるホースが、暖かかったこと。思わず頬ヅリしてしまいました。
 もう一ヶ所、液肥をためているホワイトハウスへの配管が、外れかけていたので、そこの補修も。

 若い投入のメンバーが、たまたま同席。久しぶりに投入の場に、出くわしたので、一枚、後からパチり。失礼。
投入.jpg

 間もなく、豚さんの加工肉が上がって来ます。総会の時には、出資して頂いた方々に、味わってもらう会も考えています。ご期待下さい。
 新しい子豚君も、間もなく、又来ます.....
   続く。
posted by NPOふうど at 17:34| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 生ごみ資源化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。