2013年08月25日

8月事件

8月は、発酵槽に取ってとても大きな事件が起きました。その概略をお伝えします。
相変わらず、良い発酵状態にならないので、根本治療のため、第2発酵槽の液肥をいったん、抜き取って液肥溜(ホワイトハウスと呼んでいるところ)の空いている槽内に移動する作業を8/17日18日と、行ないました。第2発酵槽を腸内清掃して、第一発酵槽からの液を上手くメタン発酵出来る状態にするためです。
写真は、第2発酵槽の液を、移動しているところです。
腸内清掃.jpg

この作業自体は、比較的順調で、私も写真を撮る余裕が出て来ました。ところが......
地元のお百姓さんたちが、血相を変えてやって来ました。汚物を川に流しているだろうと....
私達は、初め、訳がわかりませんでした。
一緒に見回ってみると、な、なんと!!! ホワイトハウスから、茶色の液体が流れ出しているではありませんか!、管理口として用意した管の盖が、外れていたのです。全くの不注意でした。
1.8町歩の稔りかけた田んぼに、未完熟の液肥が流れ込んだのです。PHにすれば4と言うかなり強い酸の液体です。4トン程、流出したようです。悪臭もさることながら、稲の枯れ,倒れ,病気の発生が心配されます。

この一週間,農家の方々へのお詫び等,対応に追われ、昨日,24日のお昼過ぎ,関係する農家の方々にお集まり頂き,説明と,お詫びをしました。大切に育てているお米ですから,本当に不注意なこと、申し訳ない限りです。

色々と手をつくした現在の様子をお見せします。

これが問題の管理口で,今はコンクリートで塞いでしまいました。
排出口封鎖.jpg

発酵槽の上にあったガスバックは,ホワイトハウスに移しました。コージェネ用のガスは,第2発酵槽から直接及びホワイトハウス内のガスバックから供給されます。奥の方の透明なバックはそのバッファーの役を持たせといます。
改修後.jpg

発酵槽とホワイトハウスを結ぶ配管です。
配管.jpg

移転されたホワイトハウス内でのガスバックです。まだぺしゃんこです。

いやーー、本当に、事故は全く予期せぬところに潜んでいます。大切な発酵槽を運転中止にはさせたくないです。
まだ、どんな被害が発生するかは解りません。誠意を持って対応しようと,決めています。

posted by NPOふうど at 19:41| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 生ごみ資源化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/372974249

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。