2019年01月20日

発酵槽の穴補修

2019年1月19日

発酵槽のガスの溜まりが悪い理由に、第一発酵槽のどこかに漏れがあるらしいということは、二日前までには見当がついていた。一大決心で、久しぶりに発酵槽の蓋を開けた。発酵槽はスカムが溜まっていて、人が乗っても大丈夫。早速、湯もみと称する足踏み運動を開始。
湯もみ.JPG湯もみ.JPG

ガス検知器でガス漏れの位置を発見。2か所あった。これじゃ、たまらん。
穴1.JPG
穴2.JPG

槽の表面に浮き出した硫黄を削り、拭き取り、専用のテープとゴム用のコーキングで処理。
IMG_0014.JPG

途端に、臭いがなくなり、ガスバックがみるみる膨らんでいく。

とりあえず、ご苦労様
posted by NPOふうど at 12:40| 埼玉 ☔| Comment(0) | 農林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。