2017年06月20日

連系2

5/9にはじまった連系に関して、詳しく報告します。この発酵槽システムは、システム全体が、明日の世界につながる仕組みです。もちろん、電力の連系という側面だけではないのですが、ここでは、トピックである連系面の情報だけにします。

学校給食の残渣からできたガスは、ガスバックにたまります。ガスバックの大きさは10㎥です。
gasbag.JPG

ガスはHONDAのガスコージェネで、熱と電気にかわります。発電容量は1KWです。メタンガス用に少し手が加えられています。今のところ、熱は利用されていませんが、間も無く、タンクも加わる予定です。

新コジェネ.JPG

電気は、メーターを通り、全部、電柱の電線へと流れていきます。全量売電です。6/19日時点での売電量は、43.7kwhです。パルシステム電力への販売です。今回は、残念ながら、FITの制度に乗せることができませんでした。それは、この発酵槽が、FITが始まる前のRPSで認定を取っていたからです。(そうです、僕らは、もう10年も前からこの日の来るのを夢に見てきたというわけですよ)。新たにこのシステムを導入するこれからのシステムは、ずっと高く売れるFITにできます。

電気回り 1.JPG

joint.JPG

5/9には、電力会社の方が検査に来ました。ふっと、25年前の太陽光発電の連系の時を思い出してしまいました。その時は、関東で初めての民間連系だったので、電力関係の車が、ずらりと並んでいました。随分と、進んだものです。

check.JPG

これからこの小型発酵槽による肥料利用とエネルギー製造は、間違いなく広がります。小さな循環の輪が、全世界にできていき、それらが互いにリンクされて行った時、私たちの暮らしは、確実に変わります。一部の権力者が偉い顔をする仕組みから、さよならすることができます。1日でも早く来て欲しいものです。
posted by NPOふうど at 10:29| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

市民が手にする地域分散型エネルギー 2016早春フォーラム

小川町でエネルギー自給を考えるNPO「ONEF」「NPOふうど」が共同でイベントを行います!!

【市民が手にする地域分散型エネルギー 2016早春フォーラム】

日時:2016年2月21日(日)
会場:小川町立図書館2F 視聴覚室(埼玉県比企郡小川町大字大塚99-1 〒355-0328 
 東武東上線 八高線「小川町駅」より徒歩11分)

参加費無料 ※午後の部のみ座談会形式のため定員を50名に限定させていただきます。

【午前の部】 10:00〜12:30
       バイオガス事業で町づくりをしている福岡県大木町の副町長、
境公雄さんの講演会。
       小川町のバイオガス事業についても面白いご報告ができそうです。

【午後の部】 座談会方式。

◎第一部 14:00〜15:00
   市民電力連絡会会長の竹村英明さんをゲストにお迎えして4月からの電力自由化について話し合います。
   TVでやらない電力自由化の裏側が聞けちゃうかもしれません!

◎第二部 15:30〜17:30
     鳥取県で市民電力の活動をされている「えねみら・とっとり」共同代表の手塚智子さんと、
     江戸川区で市民電力の活動をされている「足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ」
     事務局長の山崎求博さんをゲストに、小川町と周辺の比企地域の未来をどうしていくかについて話し     合います。
     手塚さんはドイツの事情に、山崎さんは日本各地の市民電力の活動に詳しい方なので、           ドイツと日本の市民の取り組みについての話が聞けちゃうかも!

     全日通しでも、気になるところだけのスポット参加でもかまいませんので、
     ふるってお申し込みください。

必要事項を記入するだけで参加申込みができるお申し込みフォームができましたので、ぜひご利用ください。


【お申し込みフォーム】
http://goo.gl/forms/LDlc5ZAl4K



posted by NPOふうど at 12:04| 埼玉 ☔| 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市民が手にする地域分散型エネルギー 2016早春フォーラム

2/21(日)小川町でエネルギー自給を考えるNPO「ONEF」「NPOふうど」が共同でイベントを行います!!

【市民が手にする地域分散型エネルギー 2016早春フォーラム】

日時:2016年2月21日(日)
会場:小川町立図書館2F 視聴覚室(埼玉県比企郡小川町大字大塚99-1 〒355-0328 
 東武東上線 八高線「小川町駅」より徒歩11分)

参加費無料 ※午後の部のみ座談会形式のため定員を50名に限定させていただきます。

【午前の部】 10:00〜12:30
       バイオガス事業で町づくりをしている福岡県大木町の副町長、境公雄さんの講演会。
       小川町のバイオガス事業についても面白いご報告ができそうです。

【午後の部】 座談会方式。

◎第一部 14:00〜15:00
   市民電力連絡会会長の竹村英明さんをゲストにお迎えして4月からの電力自由化について話し合います。
   TVでやらない電力自由化の裏側が聞けちゃうかもしれません!

◎第二部 15:30〜17:30
     鳥取県で市民電力の活動をされている「えねみら・とっとり」共同代表の手塚智子さんと、
     江戸川区で市民電力の活動をされている「足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ」
     事務局長の山崎求博さんをゲストに、小川町と周辺の比企地域の未来をどうしていくかについて話し     合います。
     手塚さんはドイツの事情に、山崎さんは日本各地の市民電力の活動に詳しい方なので、           ドイツと日本の市民の取り組みについての話が聞けちゃうかも!

     全日通しでも、気になるところだけのスポット参加でもかまいませんので、
     ふるってお申し込みください。

必要事項を記入するだけで参加申込みができるお申し込みフォームができましたので、ぜひご利用ください。

【お申し込みフォーム】
http://goo.gl/forms/LDlc5ZAl4K



posted by NPOふうど at 12:04| 埼玉 ☔| 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

ロケットストーブ 1/4

もの作りってやっぱり楽しそう!!
ロケットストーブ1.JPG


みごとにストーブが完成!ゴーっと音を立てて燃えています。
ロケットストーブ2.jpg


ロケットストーブ5..jpg
中央にいるのが講師の石岡さん
1月14日無事にけがもなく終了しました。


さとっちさんからのコメントは続きを読むをクリックしてね。
.続きを読む
posted by NPOふうど at 09:51| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

トランジション・夏フェス!」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    トランジション・夏フェス! 2009

  〜イエイ!ジモティーズ☆愛し合ってるかい?〜


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ご近所力で楽しみな未来をつくっていく
トランジションタウン(TT)
ひとりじゃできない、でも国や企業まかせじゃなく、
ジモトでつながって自ら動き始めたジモティーたちが、
その素敵かつ着実な手応えをみんなに伝えたくて、
日本のあちこちからやってくる 初のTT夏まつり!

日時:8月30日(日)12:00〜20:00(出入り自由!)

場所:小金井フラワーホール(JR武蔵小金井駅徒歩3分)
http://www.flowerhall.com/access.html

入場料:8/28までにメール予約の方は1000円(ワンド
リンク付き/井戸水で煎れたコーヒーorハーブティー)、予
約なしの方は1100円

ご予約/お問合せ先:
ttkoganei☆gmail.com
(☆を@に変えてください)

トランジションジャパンHP
http://www.transition-japan.net/

ブログ「ジモティーでいこう。」
http://ttown.exblog.jp/

詳細を読む
posted by NPOふうど at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

上総堀り

上総堀 大石農園

 中南米・カリブ地域別研修「小規模農民支援有機農業技術普及手法」( JICA ) の一環として、9月1.2日と大石農園にて上総堀を行いました。
  粘土質の水を加えながらゴムを利用して鉄パイプを上下させ、井戸を掘っていきます。1日に25cm、2日で50cm、4日で1メートル、8日で2メール、16日で3メートルと、昔のワザはすごいですね!!

 大石さんも「20年ぶりだよ〜」と、笑顔がすっごくよかったですよッ!!


  




















posted by NPOふうど at 14:30| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

バイオマスフォーラムin小川2007 〜くらしに森に宝さがし〜

◆・■・◆・■・◆・■・◆・■

バイオマスフォーラムin小川2007
〜くらしに森に宝さがし〜

◆・■・◆・■・◆・■・◆・■
 
 昨年300名近い参加をいただき大盛況のうちに幕を閉じたフォーラム「生ごみは宝だ」から一年。ついに待望の新しいバイオガス堆肥舎が完成しました。用地の選定から、市民出資ファンドによる資金調達を経て、手作りの地場産施設が完成。稼動するまで、まさに山あり谷あり、目からウロコの体験の連続でした。その一つ一つの過程は、全国で循環型地域づくりやバイオマス利用を進める自治体、住民、農家のみなさんにとっても、生きたノウハウの玉手箱です。これを小川町の中だけでしまっておくのはモッタイナイ! というわけで、今回のフォーラムでは、その全容を惜しみなくご紹介したいと思います。

 また、最近は‘バイオマス’ブームですが、採算性を重視するあまり、その根本にある農林業の真髄、すなわち命を支え環境を守るというお金では計り知れない価値を忘れた議論や計画が氾濫しています。そこのところをしっかり見据え、豊かな発想と行動力で本当に地域や住民のためになるバイオマス利用を実現していく、そうした視点から、今回の基調講演では「農と自然の研究所」を主宰する宇根豊さんにご登壇いただきます。

また、宇根豊さんの「子どもの時の農体験こそ とても大切・・」という言葉から
小さなお子さんを持つ方の為に、保育も用意してあります。
保育申し込みは下記申し込みフォームより。

時:2007年2月9日(金)10:00〜16:30
      10日(土) 9:00〜13:00
所:小川町民会館リリックおがわ 大ホール(地図↓参照)http://www.town.ogawa.saitama.jp/info/shisetsu/shisetsu03.html#anchor16246
内容:
●2月9日
<基調講演>くりかえす自然と、永遠の百姓仕事
    ー農がそこに、いつも、あたりまえに存在しなければいけないワケー
 特定非営利活動法人 農と自然の研究所代表  宇根 豊 氏
<成果報告>
1.山あり谷ありのバイオガス液肥舎建設物語
 特定営利活動法人 小川町風土活用センター  高橋 優子 氏
2.みなで作り、みなで見守るしくみ
  特定営利活動法人 小川町風土活用センター  渡邊 拓郎 氏
 3.小川の生ごみバイオガス資源化の取り組みの経済性
  特定営利活動法人 小川町風土活用センター  桑原 衛  氏
 4.メタン発酵消化液の利用技術
  埼玉県農林総合研究センター         相崎万裕美 氏
  東京農業大学                陣野 基  氏
 5.地域間伐材の利用推進するために新たな土木工法
  −土砂災害の根絶を目指して、フォレストベンチ工法の事例ー
  特定営利活動法人 小川町風土活用センター  井澤 博之 氏

修了後、懇親会(会費2000円)も、あります。

 ●2月10日ー現地視察
バイオガス堆肥舎→有機栽培ほ場→晴雲酒造
昼食:「自然食処 玉井屋」(メタン発酵消化液で栽培した野菜を使った料理)
※定員 35名(申し込み多数の場合 抽選)
 参加費 2000円(昼食代など)

シンポジウム詳細とお申し込みフォームはこちらから↓
http://foodo.org/forum/07/

主催・問合せ:特定非営利活動法人 小川町風土活用センター(NPOふうど)
       電話・fax 0493-74-2624 ogawa@foodo.org
    埼玉県農林総合研究センター 
       電話 048-521-9463 fax048-522-1840 a0118136@pref.saitama.lg.jp 
    小川町

※本フォーラムは、環境省 平成18年度エコ・コミュニティ事業の一環として
開催されます。
posted by NPOふうど at 22:35| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

出来るだけ石油を使わない稲作りー脱穀編ー

出来るだけ石油を使わない稲作りー脱穀編ー

石油製品は使いません。ひもも稲で、その場で作りました。

その1・・まず、稲を二つに分け、右上にして右を一回しして

061022_1.jpg

両端を引っ張れば・・・

061022_2.jpg

出来上がりは↓

061022_3.jpg

珍しい「木籾摺りうす」です。二人で引っ張り合います。
とても、労力がかかります。昔の人は本当にこんな方法でやっていたのでしょうか・・・・

061022_4.jpg

最終回です。記念撮影。
半年あまり、お疲れ様でした。
本当に、石油をほとんど使わず、やることができました。
昔の人の知恵の偉大さに感心し、伝えたいと強く思いました。

061022_5.jpg







posted by NPOふうど at 23:25| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光講座開催しました

素晴らしい、まさに太陽光講座のためのようなお天気の中行われました。

参加者のみなさんで、部材を組み立てて、屋根の上に設置。
そして、
は〜〜い、見事、点灯しました。

060930_1.jpg

最後に、参加者みなさんでチーズ。

060930_2.jpg
posted by NPOふうど at 22:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

太陽光発電講座

小川町自然エネルギー学校・太陽光発電講座
http://foodo.org/school/index.html

日時 : 2006年9月30日(土)10時〜16時30分頃
    (雨天の場合は10月7日(祝)に延期。
     中止の判断は前日18時に判断致しますので
     事務局0493−74−2624までお電話下さい。
     ブログにも発表します。      
場所 : 小川町角山 岩崎タミーズファーム
内容 : 太陽電池により、手軽に電源を作り出す技術の修得を目的とします。
タミーズファームの物置の屋根に300Wの太陽電池をとりつけ、
物置の明りと、電源とします。このシステムをマスターすれば、アウトドアーや、災害時等に活用することができます。

募集人員 : 20人
参加費 : 5,000円
講師:桜井 薫 (太陽電池のパイオニア・自然エネルギーのことならお任せ)
★重要注意事項:

●電車で来られる方は、9時35分小川駅集合になります。
お迎えの都合がありますので、電車の方は連絡をお願いします。
電車の時刻表は↓参照(東武東上線 土日用)
http://www.tobuland.com/time/stime/6315d2-1.htm

●車で来られる方はタミーズファーム10時集合になります。
タミーズファームの地図↓
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.15.20.6N36.4.28.7&ZM=9

●昼食について
会場となるタミーズファームの近くには飲食店がありません。
各自持参して頂くか、小川町の有機野菜を使ったお弁当の注文を受け付けて
おります。(玉井屋謹製↓)
http://www.kumagaya.or.jp/~seiun/tamaiya/TOP.html
注文される方は9月28日10時までに事務局までメールにて連絡をお願いします。

主催・問い合わせ:NPOふうど 埼玉県比企郡小川町角山208-2
電話・fax 0493-74-2624 ogawa@foodo.org
posted by NPOふうど at 08:55| 埼玉 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

出来るだけ石油を使わない稲作りーじょそう編ー

今日は楽しいタノシイ ジョソウの日です。
一列に並んで、よ〜〜い、ドン、ではありませんでした。
デッキ競争です。
そう、ここは船の甲板???

kusatori060709_1.jpg

かかしならぬデッキの墓場?

kusatori060709_2.jpg
posted by NPOふうど at 23:08| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

06年自然エネルギー学校「出来るだけ石油を使わない稲つくり」田植え編

今年の自然エネルギー学校は奮っていますよ。
その名も「出来るだけ石油を使わない稲作り」講座です。

さてさて、今日は、田植えです。
もちろん、手植え、です。
みなさん、初めて田植えをする方ばかりです。
おっかな、びっくり、田んぼの土に足をとられませんように
土のぬるぬるした感触を楽しんで、童心にかえってどろんこ遊び。。。

06ene_taue.jpg

はい、植え終わりました。ちょうど、1反です。
つまり、一人一畝の担当になります。

06ene_taue_2.jpg

みなさん、お疲れ様でした。左端で足を洗っているのは研修指導Kさん。

06ene_taue_3.jpg
posted by NPOふうど at 19:56| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

大豆畑物語講座第5回豆腐作り

今日は大豆畑物語講座の最後・豆腐作りです。
昨年の7月に大豆の種植から始まり11月末の収穫。
その思い出と想いのこもった大豆です。

講師の清水屋豆腐店・清水さんから大豆「青山在来」の説明
tofu1.jpg
豆乳を温め、にがりを打ちます。
tofu2.jpg
さあ、固まってきました
tofu3.jpg
型枠に流し入れます。
見て下さい。この真剣な菊地さんの顔
tofu4.jpg
型枠に重石をして待つこと20分あまり
tofu5-1.jpg
水にさらします。
さてさて、出来上がりはどうかな?
tofu5.jpg
出来上がりました
tofu6.jpg
試食タイム。
感激!!!!美味しい!!!!!oisi!!!
tofu7.jpg
みなさん、1年間、お疲れ様でした。パチリ!!!
tofu8.jpg
posted by NPOふうど at 07:55| 埼玉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

生ごみ資源化事業がTVで紹介されます

6日の日に撮影がありました。

時:3月10日(金)
所:TV東京「レディース4」16時〜17時
内容:台所から考える環境問題
事務局のTさんがごみ出しから、新醗酵槽の説明まで、奮闘してますよ。
何と言っても、レディーですから。。。
↓は、霜里農場で液肥を畑に撒いている様子の撮影風景です。

TVtokyo.jpg

この番組のプロデューサーのIさん、とっても親切で、なかなかいい男。
ファンドの紹介をして下さいね、とお約束しましたら、2ショット撮ってくれました。
果たして、どのように放送されるんでしょうね。とっても不安。
(kaoruちゃん曰く、マスコミは自分の言いように書くから信用できん。)
ごもっとも、ゴモットモ、naltutoku。。。。
posted by NPOふうど at 07:52| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。