2011年12月30日

ロケットストーブを見てみよ う! つくってみよう!

【参加者募集】1/14(土)ワークショップ 
*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・ .・*・.・*.・*

里山バイオマス徹底活用プロジェクト                                                 
〜自然エネルギーが紡ぐ人のつながり地域のぬくもり〜 
ワークショップ ロケットストーブを見てみよう!つくってみよう!
2012年1月14日(土)埼玉県ときがわ町

*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・ .・*・.・*.・*

地域の里山整備と持続可能なエネルギーの確保、生態系の保全
自然エネルギーへのシフト…
固いけれど、大事なこと… 
そうだ、考えるだけじゃなくて実践してしまおう!
ということで開催されるワークショップが「ロケットストーブを見てみよう!
つくってみよう!」です。

rok01-300x216.jpg

里山の資源〜薪〜を活用して、エネルギーを高効率に確保するのがロケットストーブ。
お料理、ベンチを暖める、床暖房など様々なタイプに応用できます。
今回は全国でロケットストーブの技術者として活躍されている石岡さんをお招きし応用編のストーブの見学、野外で使用するシンプルバージョンのロケットストーブを手作りします。
比企地域のみなさん、里山活動、環境問題、自然エネルギーなどに関心のあるみなさん手先が器用な方 etc ご参加をおまちしています!

【概要】
会場:埼玉県比企郡ときがわ町 K邸
定員:25名
移動:マイクロバス
参加費:1000円/ロケットストーブを持ち帰りたい方 4000円(薪付き)
持ち物:軍手、金切りばさみ、ドリルまたは、グラインダー、筆記用具、ペンチ、昼食、作業ができ暖かい服装
☆ロケットストーブは4〜5人のグループで1つ作ります。持ち帰って使うことができる方は申し込み時にご連絡ください。

<ロケットストーブ関連情報>
オルタナ・オンライン
http://www.alterna.co.jp/4211

5分でわかるロケットストーブの原理
http://bluetail.livedoor.biz/archives/1246372.html

<スケジュール(予定)>
9:30 小川町駅集合 バスで移動
10:00 ロケットストーブの原理を知ろう
10:30 ロケットマスヒーター見学
11:00 ロケットストーブ制作ワークショップ
12:30 ランチ休憩
13:30 ロケットストーブ制作ワークショップ(つづき)
15:30 終了
16:00 小川町駅 解散


<講師の紹介>
石岡敬三氏
1977年、核兵器と原発は同じくの危険性があることを知りエネルギーに関心を持つ。
1980年日本食用塩研究会(現在、海の精)で自然塩作りの現場で働く。
以後、大工仕事の携わる。
1987年にアメリカで大工仕事のボランティアで行った先で自然エネルギーを活用している沢山の人達と出会う。
1990年埼玉の小さな貸家に太陽電池3枚設置、
1994年8月6日東京電力の電気を切ってオフグリッド生活を楽しむ。
自然エネルギー事業協同組合レクスタに参加
1996広島にUターンし、オーガニック生活学校や日本ロケットストーブ普及協会の事務局を行ったり、田んぼの草と格闘しながら、自然エネルギー機器の販売取り付け普及活動などを行う。

日本ロケットストーブ普及協会
http://rocketstove7.blog136.fc2.com/


++++++++++++++++++++++++++++++++++++

<お申し込み・お問い合わせ>
NPOふうど 事務局 鈴木
Eメール:ogawamachi.food@gmail.com
☆締め切り2012年1月10日(火)


<申し込みに必要な項目>
(1)氏名(ふりがな)
(2)住所
(3)電話番号(できれば緊急連絡のために携帯電話番号をお書きください)
(4)Eメールアドレス
(5)所属
(6)金切りばさみ、ドリルまたは、グラインダーの用意がある/ない
(7)作品を持ち帰りたい/持ち帰らない


以上について明記の上お申し込みください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
この事業は埼玉県「農との共生 田園都市豊かなくらし満喫事業」の一環として実施します。

主催:特定非営利活動法人 小川町風土活用センター(NPOふうど)

http://www.foodo.org/






posted by NPOふうど at 15:18| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

発酵槽講習会

8/7から、17日まで、小川町の kさん宅の発酵槽の製作の講習会です。全国から20名近い若者達が集まって,製作技術を身につけています。この暑い中,大変な熱気です。ちょっと、その模様を、お伝え....
底部.jpg

7月末から,始まった準備の様子です。これは、層の底部。保温のポリパイ管が美しい。
次は,型枠。
型枠.jpg

今日は,ドームの完成です。
ドーム.jpg

中に入れるのは,今日まで。ラッキー!
ドーム内.jpg


話では,放射能を吸着するゼオライトの装置も,追加するとのこと..
いよいよ、眼が離せなくなる,発酵槽。

posted by NPOふうど at 17:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

柿渋しぼり

7月25日につぶして漬け込んだ 柿渋を1週間後の8月1日にしぼりました。
たまたま遊びに来てくれた、昨年度の下里農場の研修生、原田さん平山さん夫妻が柿渋しぼりを手伝ってくれました。1年後に 又今年の柿渋で木の壁を塗るのが、とても楽しみです!!
原田さん平山さん ありがとう。お礼に柿渋を1本さし上げたら、欲しいと思ってたと、とても喜んでくださいました。きっと平山さんは木工をされているので 楽しんでくださっていると思います。


6-漬け込んだ柿-1.jpg
一週間後のつぶした渋柿


7 ジャッキで搾る.jpg
こうやって キリンというしぼり器をジャッキで作ってしぼります。


9たるに保存-1.jpg
しぼった液をたるに移して 来年まで熟成させます。


10みんなで-1.jpg
無事作業を終わって 記念撮影ニコッ!!
松澤さんカメラマンのあかねちゃん お疲れさまでした。


.



posted by NPOふうど at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

2009年7月の自然エネルギー学校

7月のテーマは柿渋を塗る

 年に1回度、地元の間伐材で作られたプラントの木板壁に柿渋を塗らなくてはなりません。
塗る作業はいつでも良いのですが、柿渋作りだけは 7月末から8月のお盆前までの渋柿がベストです。
と言う訳で 今月は来年の塗る分の柿渋作りをしました。
参加の皆さん (Bコースの6名と液肥を利用している農家2名とスタッフと横田講師)
総勢11名で2時間程で塗り終えました。暑い中 ホントにお疲れさまでした。

09.07.25お疲れ-1.jpg
塗り終えて みんなでニッコリ!
手前の右から2人目が講師の横田さん 木に関する事は何でも聞いて下さい。

09.07.25柿渋作り.jpg
渋柿を木槌でつぶしているところ

09.07.25柿渋塗り.jpg
こうやって塗るんですよ--っ¡¡
服に着いたら なにをどうやってもとれませんからねェ!

09.07.25昼食.jpg
昼食です。 冷や汁と青山在来を使った 渡辺豆腐と清水屋豆腐のバトル??
青山在来大豆は 柿渋講師の横田さんが青山地区で守り続けて来た大豆です。


.



posted by NPOふうど at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 自然エネルギー学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

6月の自然エネルギー学校

6月のテーマはお湯をわかす

一番早く湯を湧かせたのはどれでしょうか! お湯の湧かし方は次の3つの方法

1.太陽熱
お湯を沸かす 太陽熱.jpg

2.焼き石
焼石風呂.jpg

3.コージェネ熱交換器
お湯を沸かす 熱交換器.jpg

答えは最後に・・・・


夜のお楽しみは、地元の美味しい地ビール、生酒、有機野菜いっぱいの手料理
いつも食べてしまってから写真をとるので、なにがなんだか不明ですみません。
夕食-1.jpg

バイオガスの青い炎です夜にならないと炎がよくみえませんが 
あっと言う間にお湯がわかせます。
ガスの炎.jpg

蛍を見にいきました。内ぼら沢は人がたくさんとの情報が入ったので、
桑原さんお薦めの地にいきました。
独占状態の蛍鑑賞いつまでもあきなかったです。
来年も静かな蛍鑑賞ができるように 場所は内緒にしておきます。

<<献 立>>
昼食は小川町周辺の農家が通常良く食べる「冷や汁」
夕食は有機野菜いっぱいのカレーとサラダ、
   地元の美味しい地ビールと、生酒。
朝食はご飯とお味噌汁 取り立て野菜が一杯のテーブルです。


集合写真.jpg
参加者がすくなかったので ゆったりと記念撮影


.


次回への申し送りです。
posted by NPOふうど at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 自然エネルギー学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

トイレが完成!!

災害用のトイレではやっぱり落ち着いて用をたせない。という事で、第2回の参加者によるトイレ作りは扉がない状態で未完成でしたが、やっと本日扉がついて完成しました。
明かりはまだですが、電気はたっぷりあるので、あれやこれやと選択肢がたくさんあって、もったいない悩みです。

トイレ完成.jpg

う〜んなかなかいい感じに仕上がりました。


.
posted by NPOふうど at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

2009年5月の自然エネルギー学校

「ここまで来た循環型社会〜トランジションタウンに向けて」

座学.jpg

2日目の座学の様子

第2回学校.jpg

又お会いしたいですね。お疲れ様でした!!



.次回への申し送りです。
posted by NPOふうど at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 自然エネルギー学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

2009年4月の自然エネルギー学校

「ここまで来た循環型社会〜トランジションタウンに向けて」


液肥体験.jpg

翌朝は雨もあがり 液肥まきの実体験をしました

申し送り.JPG

次回への申し送りです。

第1回.JPG

雨の中のハウスは豪雨です。無事終わってお疲れさまでした!!



.次回への申し送りです。
posted by NPOふうど at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

いよいよ 今年の自然エネルギー学校がはじまりま〜す

2009年 自然エネルギー学校 参加者募集中!

「ここまで来た循環型社会〜トランジションタウンに向けて〜」
 


  いつかはなくなる石油。そしてそれに支えられた私たちの暮らし。では、石油に頼らずに、自分達の力で持続可能な暮らしや地域を作ってゆくことは可能なのでしょうか? NPOふうどはは地元の自然エネルギー技術と「地域の生ごみ」を使ってエネルギーや農業、町おこしに取り組んでいます。
 この玉手箱のような技術を活用して持続可能な生活を自分達で体験するお泊り体験プログラムを行うことになりました。
皆さん、是非この試みにご参加いただき、よりよい持続可能な、そして心豊かな暮らしを組み立てる体験に参加してください!? 家族連れ参加大歓迎です。

プログラムの内容
● 24時間を持続可能なエネルギーで過ごします。(部分参加も可)
● 地場産バイオガス施設で得られるガスでの暮らしを実感します。
● 小川町の農家の暮らしに触れて、その産物を味わいます。
● トイレ・風呂・飲み水・乗り物・・皆さんでアイデアを出し合い、石油に頼らない暮らしの技をどんどん積み上げてゆきます。

こんな人にはゼッタイオススメ
○石油に頼らない平和な暮らしが本当に可能だと実感したい! 
○将来、エネルギーの自給や食べ物の自給をやってみたい!
○こどもに豊かな経験とたくましい生活力をつけたい!
○色々な生活技術を見につけ、工夫する喜びを見つけたい!
○そして、・地域社会でみんなが安心して暮らすためにはどんな仕組みを作って
 いったらいいか模索している人 

1.プログラムの内容

【開催日】毎月第四土曜日・日曜日 (4月は25・26日です。)
【場所】小川町上横田の生ごみ資源化プラントとその周辺
【集合】 生ごみ資源化プラントに午前10時
【内容】
@ 10:00−12:00 座学 エネルギー自給と資源循環、地域社会とのかかわり、ホットな自然エネルギーのトピックなどを学びます。
A 12:00−13:00 昼食 プラントで発生するバイオガスを使い調理します。
B 13:00−17:00 作業 バイオガスプラント運転(生ごみ投入など)や自然エネルギー利用術、農作業体験、身近な生活サバイバル術を学びます。コースを充実させるための工夫をします。次回につなげる作業、もっと快適な生活ができるような改善活動も行います。
C 17:00−19:00 夕食 バイオガス、薪、炭などを使って料理します。
D 19:00−22:00 懇親会 皆さんのいろいろな感想や思いを共有しあいましょう。
E 22:00−6:00 就寝  
F 6:00−8:00 朝食
G 8:00−10:00 まとめ 次回参加されるひとへの工夫、生活改善案 をまとめた「申し送り表」を作成します。


2.応募コースと参加費用
Aコース(第一日目朝〜第二日目朝まで、上記@〜G)
     7500円(会員価格:5500円)
Bコース(第一日目朝〜第一日目夕方まで、上記@〜B)
     4000円(会員価格:3000円)
Cコース(第一日目夕方〜第二日目朝まで、上記C〜G)
     4000円(会員価格:3000円)

【持ちもの・注意など】(当日のみの連絡先 0493−74−2624)
ゴミを出さないため、食器、箸はお持ちください。
雨天決行です。雨具もお持ちください。
宿泊施設ではなく、キャンプ同様ですので寝袋をお持ちください。
汚れても良い恰好でお越しください。
軍手・ゴム手袋・地下足袋などお持ちでしたらご持参ください。


詳細・申し込みはこちら ↓
http://www.foodo.org/school/index.html

主催;NPO法人 小川町風土活用センター



.
posted by NPOふうど at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

お試し宿泊

今年の自然エネルギー学校開催のための お試し宿泊をスタッフでしてみました。
青く燃えるメタンガスの炎で鍋料理は美味しかったで〜す。
鍋の中はその季節によって変化しますが、今回はぶくぶく農園の地鶏のスープと野菜がたっぷり入った鍋をポン酢でいただき、当然まぁ一杯となり、身体も芯からホッカホカと暖かくなって、ホワイトハウスの中のテント宿泊もなかなか おつな感じで良かったです。

試宿-1.jpg

青い炎が魅惑的 !!

posted by NPOふうど at 04:37| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

六ヶ所村で自然エネルギー学校を開催します。

rokkasyo216kb.jpg
写真をクリックすると拡大できます。

2009年4月3日から5日まで、青森県六ヶ所村の「花とハーブの里」と、自然エネルギー事業協同組合レクスタは、自然エネルギー学校を開催します
テーマは、「自然エネルギーをもとにした持続可能な暮らしを きずくことはできるだろうか」です。学校の内容は、太陽電池の組立、太陽電池と小型風車、マイクロ水力、メタン発酵槽、温水器の、導入編(初歩クラス)です。定員は30名で、有料です。
(自然エネルギー事業協同組合レクスタは、NPOふうどでの資材提供など 見えない部分でいつも協力頂いています。)

[開催概要 日程]
4月3日 
開校式 10:50 - 11:00
第1部 11:00 - 17:00
手作り太陽電池 35wクラスの太陽電池を8名で1枚手作りします。

4月4日
第2部 9:00 - 13:00 風車と太陽電池
小型風車と手作り太陽電池で放射能検知器等を動かして見る。

第3部 14:00 - 17:00 水力発電
各地の水車(マイクロ発電)の現状と、現地での設置が可能か調査をします。

18:30 - 21:00 懇親会
参加者や地域の方達との交流会

4月5日
第4部 9:00 - 12:00 メタン醗酵槽 
地元での有機資源を利用したバイオガスプラントの基礎知識

第5部13:00 - 16:00 温水器
現地で活躍する温水器の報告と様々な事例の学習

【要項】
定員: 第1部 手作り太陽電池のみ8名まで
   第2部 - 第5部 は30名

費用: 第1部 手作り太陽電池は別料金3,000円
   第2部 - 第5部 は4講座で5,000円
   懇親会は1,500円

宿泊: 一泊3,000円 (3食付き・花とハーブの里)
寝袋を持ってきていただけると助かります。

[講師陣]
自然エネルギー事業協同組合レクスタは小規模分散型で 自然と調和のとれた次の社会をめざして、13年の間自然エネルギーの畑をなりわいとして耕してきました。
今回の講師陣は 長年の実績と哲学を持ったレクスタの面々です。

[場所] 花とハーブの里 〒039-3215青森県上北郡六ヶ所村倉内笹崎1521

[交通手段] アクセスは、かなり大変です。必ずご確認ください
「花とハーブの里」のアクセスHP http://hanatoherb.jp/tulipFiles/access.html
  をご覧下さい。駐車場は、あります。

[参加申込方法]
2009年3月末日までに、花とハーブの里まで、下記の内容をFAX又はメールにてお願いします。申込には、テーマに関してのコメントもお願いします。基本的に申込の早い方順ですが、コメントも考慮させて頂きます。

主催: 花とハーブの里 
共催: 自然エネルギー事業協同組合レスクタ
後援: 原子力資料情報室、国際NGOソーラーネット PEACE LAND 日本消費者連盟
※後援団体募集中です。

[カンパのお願い]
本講習会への暖かいご支援をお願いします。
詳細は、ホームページをご覧ください。

詳しい情報は、花とハーブの里↓
http://hanatoherb.jp/tulipFiles/workshop.html


ステッカーは下記をクリックして下さい。↓

.
ステッカー
posted by NPOふうど at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

土の健康診断 シャカシャカ!!

シャカシャカ

これはなにをしているのでしょう?!
自分の畑の土の健康診断をしています。小さい容器に土と蒸留水を混ぜてシャカシャカと混ぜて試験紙ではかります。
楽しそうでしょう!! その結果、畑になにが多くてなにが不足しているかが解ります。
そして なにを加えれば良いかも指導して頂きました。
なにげなく堆肥を入れていても、時には健康診断をして、不足している物を入れれば良い訳です。肥料代の節約にもなります。

試験紙
画像をクリックすると大きい画像になります。





posted by NPOふうど at 21:10| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

学校しました

gakkou0802.jpg

今日ひさしぶりに自然エネルギー学校をやりました。
短い準備期間にもかかわらず20人もの参加者があり、ビックリしました。遠く石垣島からも来てくれました。

内容は液肥の農業利用と、出てくるガスのエネルギー利用を中心に、実践的な講座内容でした。今後コーゼネレーションが導入されます。メーカーからの講師の方も協力して頂きました。

写真はガスボイラー利用を覗きこんでいる参加者たちです。
これからも、継続的に開校する予定です。楽しくてためになるよ??!! だって明日を作っている現場からの情報だよ。

・参加者の皆様、スタツフの皆様、ご苦労様でした。

posted by NPOふうど at 00:44| 埼玉 ☁| Comment(0) | 自然エネルギー学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする