2012年04月04日

メンテは続く

4/4、発酵槽の手術はまだ続いています。食べ過ぎは,体には良くないですね。
今日は,5人のメンバーが集まって,これまでにない大手術を施しました。ホワイトハウス(液肥ダメの建家)から液肥を第一発酵槽に戻し入れました。と同時に,第一発酵槽の尻から出して再度口に入れる「反芻手術」の併用で,一時間以上はやりました。
密談.jpg

次の写真は,ホワイトハウスからの液肥を一度、500リットルのタンクに入れたものです。光の加減で,赤く熟したトマトのように映像が出来ました。
赤い液肥.jpg

走行して遊んでいるうちに,何やら,不穏な音。あわてて,音源に駆けつけると,第2発酵槽からホワイトハウスへ行くべき液肥が噴出していました。しばらくハウスに行っていなかったので,管路が詰まっていたんです。しばらくすると,流れ出しました。
 手術も大詰めですね。
posted by NPOふうど at 21:26| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

10回目のふうどの総会

3/31、小川町の中央公民館で10回目の総会を開きました。出席者7名,委任状11名,会員数は,31名なので,成立しています。今回の総会のポイントは,来年の発酵槽の運営に関してで,1.液肥利用農家に管理運営の主体になってもらうために,ふうどの会員になってもらう、2.生ごみの栄養価の高い部分を豚の飼育で吸収し,彼らの排泄物を発酵槽に入れるシステムに改良する,3.地域通貨としてのFoodoの使い方を拡大すると言ったこと等が,話し合われました。
 いま大きくこの国の未来が変わろうとしています。地域がどれだけ活発に動けるのか,ちょうど,その試金の時に来ましたね。

12総会.jpg
posted by NPOふうど at 20:40| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

東アジア大交流大会

3/8、国際交流基金の事業で,24人の東アジア・太平洋の若者達が24人,小川町を訪れました。発酵槽の見学です。近くの公民館で,概略を説明した後,移動。まだ臭いがきつい状態なので,ちょっとかわいそうだったかな。

21世紀東アジア.JPG
posted by NPOふうど at 22:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

再生作業

この4ヵ月程の間,発酵槽は,これまでの暴飲・暴食が災いして、メタン発酵状態ではなく,乳酸菌発行になっていました。1/26に、槽内の未完熟液肥を抜き出し,長野のOさん宅からの種液肥を少し入れました。その後発酵状態を見ながら,すでに出来ていたホワイトハウスの液肥を順次,第一発酵槽に注入する作業を継続しています。
 その結果,現時点では,第一発酵槽の液肥は,非常にいい状態になっています。
本日も,雨の中,液肥の注入作業を行いました。

再生作業.jpg

ちなみに,写真のお二人,3/24には、結婚の運びとなります。これまでの臭い仲(?)から、春の香りになりますね。そのせいか、シャシン,ピンぼけしてしまいました。すみません。
posted by NPOふうど at 11:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

ロケットストーブ 1/4

もの作りってやっぱり楽しそう!!
ロケットストーブ1.JPG


みごとにストーブが完成!ゴーっと音を立てて燃えています。
ロケットストーブ2.jpg


ロケットストーブ5..jpg
中央にいるのが講師の石岡さん
1月14日無事にけがもなく終了しました。


さとっちさんからのコメントは続きを読むをクリックしてね。
.続きを読む
posted by NPOふうど at 09:51| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

ロケットストーブを見てみよ う! つくってみよう!

【参加者募集】1/14(土)ワークショップ 
*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・ .・*・.・*.・*

里山バイオマス徹底活用プロジェクト                                                 
〜自然エネルギーが紡ぐ人のつながり地域のぬくもり〜 
ワークショップ ロケットストーブを見てみよう!つくってみよう!
2012年1月14日(土)埼玉県ときがわ町

*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・ .・*・.・*.・*

地域の里山整備と持続可能なエネルギーの確保、生態系の保全
自然エネルギーへのシフト…
固いけれど、大事なこと… 
そうだ、考えるだけじゃなくて実践してしまおう!
ということで開催されるワークショップが「ロケットストーブを見てみよう!
つくってみよう!」です。

rok01-300x216.jpg

里山の資源〜薪〜を活用して、エネルギーを高効率に確保するのがロケットストーブ。
お料理、ベンチを暖める、床暖房など様々なタイプに応用できます。
今回は全国でロケットストーブの技術者として活躍されている石岡さんをお招きし応用編のストーブの見学、野外で使用するシンプルバージョンのロケットストーブを手作りします。
比企地域のみなさん、里山活動、環境問題、自然エネルギーなどに関心のあるみなさん手先が器用な方 etc ご参加をおまちしています!

【概要】
会場:埼玉県比企郡ときがわ町 K邸
定員:25名
移動:マイクロバス
参加費:1000円/ロケットストーブを持ち帰りたい方 4000円(薪付き)
持ち物:軍手、金切りばさみ、ドリルまたは、グラインダー、筆記用具、ペンチ、昼食、作業ができ暖かい服装
☆ロケットストーブは4〜5人のグループで1つ作ります。持ち帰って使うことができる方は申し込み時にご連絡ください。

<ロケットストーブ関連情報>
オルタナ・オンライン
http://www.alterna.co.jp/4211

5分でわかるロケットストーブの原理
http://bluetail.livedoor.biz/archives/1246372.html

<スケジュール(予定)>
9:30 小川町駅集合 バスで移動
10:00 ロケットストーブの原理を知ろう
10:30 ロケットマスヒーター見学
11:00 ロケットストーブ制作ワークショップ
12:30 ランチ休憩
13:30 ロケットストーブ制作ワークショップ(つづき)
15:30 終了
16:00 小川町駅 解散


<講師の紹介>
石岡敬三氏
1977年、核兵器と原発は同じくの危険性があることを知りエネルギーに関心を持つ。
1980年日本食用塩研究会(現在、海の精)で自然塩作りの現場で働く。
以後、大工仕事の携わる。
1987年にアメリカで大工仕事のボランティアで行った先で自然エネルギーを活用している沢山の人達と出会う。
1990年埼玉の小さな貸家に太陽電池3枚設置、
1994年8月6日東京電力の電気を切ってオフグリッド生活を楽しむ。
自然エネルギー事業協同組合レクスタに参加
1996広島にUターンし、オーガニック生活学校や日本ロケットストーブ普及協会の事務局を行ったり、田んぼの草と格闘しながら、自然エネルギー機器の販売取り付け普及活動などを行う。

日本ロケットストーブ普及協会
http://rocketstove7.blog136.fc2.com/


++++++++++++++++++++++++++++++++++++

<お申し込み・お問い合わせ>
NPOふうど 事務局 鈴木
Eメール:ogawamachi.food@gmail.com
☆締め切り2012年1月10日(火)


<申し込みに必要な項目>
(1)氏名(ふりがな)
(2)住所
(3)電話番号(できれば緊急連絡のために携帯電話番号をお書きください)
(4)Eメールアドレス
(5)所属
(6)金切りばさみ、ドリルまたは、グラインダーの用意がある/ない
(7)作品を持ち帰りたい/持ち帰らない


以上について明記の上お申し込みください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
この事業は埼玉県「農との共生 田園都市豊かなくらし満喫事業」の一環として実施します。

主催:特定非営利活動法人 小川町風土活用センター(NPOふうど)

http://www.foodo.org/






posted by NPOふうど at 15:18| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

「土と平和の祭典2011}


head04.jpg

今年の「土と平和の祭典2011」のトークステージに小川町から3名も参加します。

金子美登さん 未来をつくる新しい農村セッション 12:10〜

桑原衛さん 微生物&発酵のすごい可能性セッション 14:10〜

桜井薫  脱原発からの100年の暮らしセッション 16:00〜

10月16日は、時間のある方もない方もマイはし、コッブ、お皿を持って
日比谷公園に10時から是非ぜひ参加してみてください。

詳細はこちら↓↓↓↓↓
http://hibiyapark.blogspot.com/2011/07/2011.html






.
posted by NPOふうど at 06:51| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

発酵槽講習会

8/7から、17日まで、小川町の kさん宅の発酵槽の製作の講習会です。全国から20名近い若者達が集まって,製作技術を身につけています。この暑い中,大変な熱気です。ちょっと、その模様を、お伝え....
底部.jpg

7月末から,始まった準備の様子です。これは、層の底部。保温のポリパイ管が美しい。
次は,型枠。
型枠.jpg

今日は,ドームの完成です。
ドーム.jpg

中に入れるのは,今日まで。ラッキー!
ドーム内.jpg


話では,放射能を吸着するゼオライトの装置も,追加するとのこと..
いよいよ、眼が離せなくなる,発酵槽。

posted by NPOふうど at 17:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見学会

7/31、久しぶりの見学会でした。スタッフ一同,全く時間がなくて対応で喜ませんでした。ごめんなさい。今回はどうにか工面することが出来ました。比企青年会議所さんの主催で,比企地区から,子供づれ50名近くが,2回に別れておとづれてくれました。
子供達は,正直....クサイ,くさい! でも,これは君たちが残した学校の給食だよ,それに、350世帯分の生ごみが肥料になって再び大地に戻る施設としては,このにおいは少ないと思うんだけれど....
青年会議所.jpg
posted by NPOふうど at 16:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オープンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

生ごみ便秘処理

5/14、久しぶりに,生ごみ発酵槽が、つまりました。入れても、吐き出す、逆噴射。
逆噴射.jpg

こんな状態です。
まず,どんなになってるのかなあ?  ポリパイ管を突っ込んで,発酵槽のご機嫌を伺います。
探り入れ.jpg

水位が異様に高いので、まずは,お尻から出してみます。どこか,フクシマを思い出す作業だね。
初め,尻からも出て来ない。便秘状態だったんですね。
尻から,ポリパイを入れて,ごしょごしょ.....出てきました。
濃そう!!!!
糞詰まり1.jpg

出て来たら,半数作業の開始です。ポンプでまた口へ入れてあげます。牛の反芻ですね。
反すう.jpg
反すう2.jpg


今回の作業,前回に比べて,においはそんなにきつくなかったよ。そのかわり,アルコールのような匂い。作業していると,実にハイになる。原発の作業より,はるかに,人間的ですね。

これでまた、半年くらいは,ご機嫌はいいかな。
posted by NPOふうど at 23:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 生ごみ資源化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする