2011年04月22日

近況 小川町

お久〜〜っ!!
ブログの更新さぼってました。ごめんなさい。
ブログのIDやらパスワードも忘れてしまってオタオタです。
3月11日の大地震いらい、落ち着かない毎日が続きます。
そんな中でも、総会の準備やらをこなして、桜井副代表理事は被災地に太陽電池を設置しに行っております。
被災地2回目からは、「つながりぬくもりプロジェクト」の太陽電池部門で設置を続けています。
と、言ってもふうどのプラントもちゃんと続いていますし、今回の計画停電で、どえらい発見がありました。
後日本人よりお知らせいたします。お楽しみに!!

今年はやっぱり寒いです。ので当然稲の苗床づくりも遅くなっています。
農家にとっては 放射能測定器が手放せなくなっています。
小川町の測定はR-DAN事務局の地図で見る事ができます。
http://bit.ly/R-DAN 
各地点のバルーンをクリックするとデータが出てきます。

では取り急ぎ!!


.
posted by NPOふうど at 17:02| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

正月風景

あけましておめでとうございます。
なんやかんやしながら、2011年も、もう5日が過ぎてしまいました。コージェネとガスが心配になったので、お参りに行きました。発酵槽神社は、いつもの通り、かすかな香しい香りを漂わせ、おごそかに、日だまりの中で憩っていました。
何も変わらない、写真ですが、どこか、清々しいでしょ。
11年正月.jpg11年正月.jpg


本年も、宜しく、ご支援のほど。





.
posted by NPOふうど at 21:32| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生ごみ資源化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

断熱補修

12月20日、21日と、発酵槽の断熱補修を行いました。ガス漏れの対応で、断熱材が動き、熱が素通り状態で、なかなかガスが安定しないので、断熱材の戻しと、床のカバーを行いました。
断熱補修.jpg
断熱補修2.jpg

合わせて、槽内の温度を表示させました。これで、発酵状況を知る一つの目安となります。
温度表示.jpg

下の写真は、生ごみに混入されていた異物達です。箸や歯ブラシ、プラスチックの容器など、特に、困るのは、金属のスプーン、フォークの類いです。それが、チョッパーの刃を欠いた犯人ですから。
生ごみ分別にご協力頂いている方々、つね日頃、ご協力有難うございます。申し訳ありませんが、ほんのちょっと、気を配って頂けると、有り難いです。よろしくお願い致します。







posted by NPOふうど at 12:10| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 農林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

液肥利用者忘年会

12/11、液肥を利用している農家(大半が新規就農者です)との交流会兼忘年会を、小川町の古民家で行いました。参加者は、15から16人くらいだったでしょうか。筆者、気持ちよく飲んでいたので、正確には確認していません。
 発酵槽は、地元の農家が利用するための施設です。利用する側との交流が、今までほとんどなかったというのが、不思議なくらい。色々な交流の出発点になると良いですね。
 はじめは、発酵槽の出来る過程などを撮ったDVDを見てもらいました。これも意外でしたが、見た事の無い若い農業者が多く、我々の宣伝活動の手薄さを、しみじみと知らされましたね。
ピンぼけしていますが、まだ、筆者、飲んでません。

DVD.jpg

その後、食べながら農業談義、液肥談義、絵本の読み来かせまで入って、とても盛り上がった事は、言うまでもありません。
この写真のピンぼけのほうは、酒のせいもある事は、否定できないですね。

bounennkai.jpg




.



posted by NPOふうど at 21:14| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生ごみ資源化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

生ごみチョッパー

12/4、兼ねてからの課題だった、生ごみチョッパーの出口部分のメンテが、今日、完了しました。問題は、おおきな丸い輪っかの部分が外れなくなり内部のメンテができなくなっていた事です。先週、メーカーに送り返して、分解してもらいました。なかの刃が、欠けていました。おそらくごみの中に混ざっていたスプーンなどの金属での欠けだと思われます。
刃.jpg


このチョッパー、小さい所に気が行き届いていて、ポルトの取り外しとか、刃の位置とかが簡単に定められるので、助かります。
ミンチ.jpg

完了の姿です。メデタシ、めでたし。
完了.jpg



.

posted by NPOふうど at 16:11| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 生ごみ資源化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

メンテ

今朝、生ごみチョッパーの出口部分、人間で言えば、口かお尻か...そこの部分のメンテのために、機器を取り外しました。行ってみれば、ここが、この発酵槽の玄関口です。人の口に入る食物が、ここで、ごみに化身する、そんな舞台です。導入から、2年が経ち、そろそろ手入れをすべき時が来ました。覚悟を決めて...それにしても、この写真の笑いは、なんだ!!! いかにも楽しそうなんですが....このあと、救急車のサイレンが聞こえて来なかったので、ガスと臭いで、神経がやられたわけではないようですね。
 再設置は、又一週間の後。
何だこのわらいは!.jpg

後ろのガスバック、昨日の状態と比較して、結構膨らんでいるでしょう。



.
posted by NPOふうど at 20:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 生ごみ資源化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

発酵槽の近況

11/26、発酵槽は、馴致用に稼働をしています。明日、生ごみチョッパーの一部を、メンテナンスのために取り外します。その下見に行ったら、金ちゃんが、タンタンときつい投入作業をこなしてくれていました。有り難い事です。写真は、貯留槽に一時的にためたごみ液の濃度を、ポンプアップしやすいように、少し薄くしている所です。
金ちゃん.jpg

ガスの方も、少し前までは、だだをこねて、トラブルが続いていたのですが、このところ、安定的に発生し、電気と熱に変っています。ガスバックは、半分くらいたまった状況です。
26バッグ.jpg
posted by NPOふうど at 17:36| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生ごみ資源化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

again and again

10/14、チリでは、33人が帰還しましたね。おめでとう。
我らの発酵槽も、本日、無事,再生しました。はじめはガス質が変化し、停止していました。その後、ラジエターの冷却水漏れで、止まりました。この間に、ガス質が少し改善され、冷却水が補充されると、割に簡単に動いてくれました。
 写真は、ホンダの研究員がデータを回収している所です。

again.jpg

しかし、正直の所、この発酵槽、まだまだ不安が一杯なのです。万全とは言えません。ガス漏れも、完全に止まっている訳ではありません。そのためか、硫化水素で配線系統が、かなり傷んでしまっています。漏れを検出する機器も、そろっている訳ではありません。鼻に頼るのは、限界です。,,,,,しかし、こうした限界状況が、また楽しいわけで。きりきりの崖っぷちを、鼻歌まじりで渡り続けて行きたいですね。きっと、33人も、そうダツたのでしょう。忍耐と、希望を、有り難う。
posted by NPOふうど at 23:00| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生ごみ資源化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

日常的補修

10/3 この所、補修での仕事がふえています。始まってから4年たち、色々な所が、補修の野路気になっているということでしょうか。
インバーターが壊れました。硫化水素の影響を、まともに食らっていました。銅板は、ぼろぼろ。それで、換気扇を付けました。

 インバ.jpg

ファン.jpg

少し、ガスバックの膨らみが、心もとないです。中途ハンパです。又少しばかり、もっているのかもしれない。そのため、コージェネが上手く動いてくれていません。
ひとつひとつ解決しながら、手探りでも,進んでいます。




.
posted by NPOふうど at 22:41| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常的補修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

上田市の皆さん見学会

しっかりと夏さんが腰を据えていますね。小川の野菜達も、悲鳴を上げ初めています。液肥の利用も争奪戦の様相を呈していて、出て来る先から使われていて、全く空っぽの状態です。

9/4、上田市の市民の方々26名が、施設の見学にいらっしゃいました。環境会議のような集まりを持っているそうです。10時からでしたが、あまりに暑いので、集会所で1時間30分程度しっかりと話をしてから、現地見学となりました。座学の様子です。

上田2.jpg

皆さん、常日頃からしっかりと学習なさっているようで、質疑応答が活発となり、時間の関係で、司会者さんが途中で打ち切る程でした。施設の会計状況、運転状況、地域通貨について、エネルギー利用について、もし上田で同じような施設を作る場合の注意点など....

下記の写真は、発酵槽の外で、桑原氏が液肥について説明している所です。

上田1.jpg

お昼からは、桑原氏の畑の手伝いの予定でしたが、暑さのあまり、それは中止となりました。
地元の有機野菜のお昼は如何でしたでしょうか?

(文責桜井K)
ところで、このところ、ガス漏れが起こっていて、ガスが又たまらない状況になっています。それでも、コージェネは動きました。




.
posted by NPOふうど at 13:31| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。